「この靴は本当にお勧めできます」フランセ《16cm黒のみ》...フ

ジョーゼット裾山切りカットドレス

SESAME コインローファーフォーマルシューズ

ブラックベルベットとタフタのNYスタイルドレス

両親の装い

結婚式の服装に関連した記事を書いています。

子どもの結婚式・・・。
大事な家族の慶びの日は、新郎新婦のご両親も
服装に悩むところですね。

新郎新婦の父親・母親の結婚式での服装の基本は、正装です。

結婚式では、新郎新婦の母親は黒留袖を着ていることが
多いですね。

黒留袖とは、五つ紋が染め抜かれた着物で、正礼装と言われ
和装においては最も格の高い装いとなります。

また、色留袖も正礼装です。色留袖とは、着物の地色が
黒以外の留袖で、五つ紋を染めぬいた黒留袖と同格の礼装となります。

結婚式の服装にドレスをお考えの場合は、
昼の礼装であるアフタヌーンドレスがよいでしょう。

ドレッシーなロングワンピースで、袖付きのものを選ぶと
失敗がありません。


父親の服装は、結婚式では和装より洋装が一般的のようですね。
男性の場合、洋装の正礼装はモーニングです。
モーニングコートに、グレーと黒、または白と黒の
ストライプのズボンをあわせます。

タイはシルバーグレイか白黒ストライプです。
靴は黒革で、黒無地などのソックスを身に着けます。

よく聞くタキシードも正礼装ですが、夜の服装です。
結婚式・披露宴では、昼の服装であるモーニングがよいでしょう。
結婚式の服装についてでした。何かの参考にしてください。

親族の立場で出席

両家の親族の立場で結婚式に出席するときは、
親戚であっても厳密に言えば「招待する側」なので、

一般のゲストの方に失礼のないような服装を
心がけたいですね。

一般的に、女性の場合、既婚女性は結婚式の服装としては
黒留袖または黒のワンピースが多いようです。

黒のワンピースの場合、黒一色のシンプルなデザインだと
弔事を連想してしまうので、明るいカラーのショールや
華やかなコサージュなどでアクセントをつけましょう。

結婚式の服装ではパールのアクセサリーを身につける
方も多いと思いますが、小ぶりの1連パールもまた
弔事をイメージしてしまいます。

そのため、大粒のゴージャスなものや、ロングタイプのものと
組み合わせて2〜3連にするなどして華やかに見せましょう。

未婚女性の場合は、結婚式では華やかなカラードレスや振袖を
着用すると披露宴会場が明るくなり、新郎新婦にも好評でしょう。

お色直しのドレスと色が同じにならないよう、可能であれば
事前にドレスの色を確認できるといいですね。


男性の場合、結婚式の服装としてはブラックスーツを
着用する場合が多いようです。

黒のシングルかダブルの上着に共布のズボンを着用します。
シングルの場合はベストを加えます。

胸元には礼装用のポケットチーフ(白絹をスリーピークに
したもの)を添えて、上品な装いをするとよいですね。
結婚式服装関連記事でした。

受付を頼まれたとき

結婚式の服装について書いています。

結婚式の披露宴に招待された時、受付を頼まれることも
多いものです。

結婚式の受付は、親族を含めてすべての招待客に
ご挨拶をする、いわば「両家の顔」になるわけですから
服装にはそれなりの注意が必要です。

披露宴の開かれる時間帯、場所、形式や主催者との関係で
結婚式当日の服装は変わってきます。
結婚式の主役である「新郎・新婦」を引き立てる上品で
華やかな装いを心がけるとよいでしょう。


結婚式の受付を頼まれたら、基本をきっちりと押さえて
披露宴の雰囲気に合わせた服装を考えましょう。

新郎新婦に、どのような披露宴なのかも
確認しておくとよいですね。
例えば、形式ばらないアットホームな結婚パーティに
するつもりなのか、逆に古式ゆかしく厳粛な披露宴を
するのかなど、披露宴の雰囲気によっておのずと
求められる服装は変わってきます。


また、女性の場合、特に派手すぎる光るアクセサリーや
つま先のない靴(サンダル・ミュールなど)を身に着けたり
することのないよう注意しましょう。
(ちなみに、光るアクセサリーは、夜の礼装では問題ありません)

結婚式服装関連記事3でした。

靴のマナー

結婚式の服装に関する記事を書いています。

結婚式の服装で、意外と悩むのが靴ではないでしょうか。

実は結婚式の服装としての靴のマナーはいろいろあって、
知らないと失礼になってしまうかも!?

結婚式のゲストが着用する靴のマナー、しっかり
チェックしておきたいですね。

男性の場合、結婚式・披露宴に一般の招待客として
出席する際は、昼の準礼装を着用します。
ブラックスーツにシルバーのタイという服装が定番ですね。
この結婚式の服装にあわせる靴は、黒の紐付き(ストレートチップ)
などがよいでしょう。
黒のエナメルは、夜の準礼装であるタキシードを
着用する際に履く靴になります。


女性の場合、結婚式・披露宴にゲストとして出席する際は、
昼の準礼装であるセミイブニングドレス(カクテルドレス)を
着用します。
結婚式の服装では、靴はサンダルもミュールもマナー違反です。
素足は失礼にあたるので、必ずストッキングを着用しましょう。

結婚式には靴はプレーンなパンプスが基本です。
適度なヒールがあって、つま先のあるものが無難でしょう。

ヒールが苦手な方は、ローヒールでもエナメル素材であったり、
リボン飾りや煌びやかなストーンなどのある華やかな靴を
選ぶとよいでしょう。

以上、結婚式服装関連記事2でした。

2次会では個性を演出

結婚式の服装関連の記事を書いています。

結婚式の2次会に出席するとき、皆さん服装はどうしていますか?

私の某社勤務時代は、なぜか男性の間でドレスダウンが
流行していましたが・・・普通に考えれば結婚式の服装で
ドレスダウンは変ですよね(>_<)

最近では結婚式の二次会が1.5次会(披露宴なしでパーティのみ)
ということも多いので、やはり結婚式の服装は、
ドレスアップしてお祝いの気持ちを表現したいものです。


結婚式に参列せず、2次会だけ出席する場合、
夜の準礼装または略礼装でよいでしょう。


男性は、結婚式の2次会で個性を演出するために
タキシードを着用するのはいかがでしょうか。
おしゃれな蝶ネクタイとカマバンドを選べば、
単なるブラックスーツより華やかで注目度大!でしょうね。


女性は、露出のあるローブデコルテを選んで
肌にラメパウダーをちりばめても素敵ですね。
結婚式参列時には控えめにするべき光る素材の
アクセサリーも大胆に楽しんで、個性をアピール
するとよいでしょう。


夜の結婚パーティならではの服装を楽しんではいかがでしょうか。
結婚式服装関連記事1でした。