「この靴は本当にお勧めできます」フランセ《16cm黒のみ》...フ

ジョーゼット裾山切りカットドレス

SESAME コインローファーフォーマルシューズ

ブラックベルベットとタフタのNYスタイルドレス

靴のマナー

結婚式の服装に関する記事を書いています。

結婚式の服装で、意外と悩むのが靴ではないでしょうか。

実は結婚式の服装としての靴のマナーはいろいろあって、
知らないと失礼になってしまうかも!?

結婚式のゲストが着用する靴のマナー、しっかり
チェックしておきたいですね。

男性の場合、結婚式・披露宴に一般の招待客として
出席する際は、昼の準礼装を着用します。
ブラックスーツにシルバーのタイという服装が定番ですね。
この結婚式の服装にあわせる靴は、黒の紐付き(ストレートチップ)
などがよいでしょう。
黒のエナメルは、夜の準礼装であるタキシードを
着用する際に履く靴になります。


女性の場合、結婚式・披露宴にゲストとして出席する際は、
昼の準礼装であるセミイブニングドレス(カクテルドレス)を
着用します。
結婚式の服装では、靴はサンダルもミュールもマナー違反です。
素足は失礼にあたるので、必ずストッキングを着用しましょう。

結婚式には靴はプレーンなパンプスが基本です。
適度なヒールがあって、つま先のあるものが無難でしょう。

ヒールが苦手な方は、ローヒールでもエナメル素材であったり、
リボン飾りや煌びやかなストーンなどのある華やかな靴を
選ぶとよいでしょう。

以上、結婚式服装関連記事2でした。