「この靴は本当にお勧めできます」フランセ《16cm黒のみ》...フ

ジョーゼット裾山切りカットドレス

SESAME コインローファーフォーマルシューズ

ブラックベルベットとタフタのNYスタイルドレス

受付を頼まれたとき

結婚式の服装について書いています。

結婚式の披露宴に招待された時、受付を頼まれることも
多いものです。

結婚式の受付は、親族を含めてすべての招待客に
ご挨拶をする、いわば「両家の顔」になるわけですから
服装にはそれなりの注意が必要です。

披露宴の開かれる時間帯、場所、形式や主催者との関係で
結婚式当日の服装は変わってきます。
結婚式の主役である「新郎・新婦」を引き立てる上品で
華やかな装いを心がけるとよいでしょう。


結婚式の受付を頼まれたら、基本をきっちりと押さえて
披露宴の雰囲気に合わせた服装を考えましょう。

新郎新婦に、どのような披露宴なのかも
確認しておくとよいですね。
例えば、形式ばらないアットホームな結婚パーティに
するつもりなのか、逆に古式ゆかしく厳粛な披露宴を
するのかなど、披露宴の雰囲気によっておのずと
求められる服装は変わってきます。


また、女性の場合、特に派手すぎる光るアクセサリーや
つま先のない靴(サンダル・ミュールなど)を身に着けたり
することのないよう注意しましょう。
(ちなみに、光るアクセサリーは、夜の礼装では問題ありません)

結婚式服装関連記事3でした。