「この靴は本当にお勧めできます」フランセ《16cm黒のみ》...フ

ジョーゼット裾山切りカットドレス

SESAME コインローファーフォーマルシューズ

ブラックベルベットとタフタのNYスタイルドレス

親族の立場で出席

両家の親族の立場で結婚式に出席するときは、
親戚であっても厳密に言えば「招待する側」なので、

一般のゲストの方に失礼のないような服装を
心がけたいですね。

一般的に、女性の場合、既婚女性は結婚式の服装としては
黒留袖または黒のワンピースが多いようです。

黒のワンピースの場合、黒一色のシンプルなデザインだと
弔事を連想してしまうので、明るいカラーのショールや
華やかなコサージュなどでアクセントをつけましょう。

結婚式の服装ではパールのアクセサリーを身につける
方も多いと思いますが、小ぶりの1連パールもまた
弔事をイメージしてしまいます。

そのため、大粒のゴージャスなものや、ロングタイプのものと
組み合わせて2〜3連にするなどして華やかに見せましょう。

未婚女性の場合は、結婚式では華やかなカラードレスや振袖を
着用すると披露宴会場が明るくなり、新郎新婦にも好評でしょう。

お色直しのドレスと色が同じにならないよう、可能であれば
事前にドレスの色を確認できるといいですね。


男性の場合、結婚式の服装としてはブラックスーツを
着用する場合が多いようです。

黒のシングルかダブルの上着に共布のズボンを着用します。
シングルの場合はベストを加えます。

胸元には礼装用のポケットチーフ(白絹をスリーピークに
したもの)を添えて、上品な装いをするとよいですね。
結婚式服装関連記事でした。